MLMサビアンとアムウェイの比較その3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ネットワークビジネス大手のアムウェイの勧誘方法で、強引なケースをよく耳にします。
サビアン(Saivian)でも強引になってしまうのか?
比較して、今後の活動の参考にしましょう。

 

ネットワークビジネス大手のアムウェイのアンケートその3

飲み屋でたまたま知り合った知人主催のアムウェイの鍋パーティーに参加して、猛烈に鍋の勧誘を受けたことがあります。

その鍋パーティーに参加した時に、初めてその知人がアムウェイのディストリビューターをしていることがわかりました。
もともと飲み屋で意気投合してからの流れも、勧誘までのプロセスだったことがわかりました。

飲み屋というかビアパブのようなところで私と友人が2人でのんびり飲んでいたときに、隣の席にも同じく男性2人組が飲んでいました。

特に変わったところも無いのですが、チラチラこちらを伺っている視線には気づいていました。

しばらくして私がトイレに立って戻ってくると、隣の2人組が私の友人に海外ビールのうんちくなどの話題で話しかけて話していました。

それ自体も特に珍しいことではないのですが、それほど意気投合したわけでもないのに帰りがけに「また、機会があれば飲みましょう!」と誘われ、成り行きで連絡先交換してしまいました。

程なくして、「いいビアパブがあるので行きましょう!」と連絡が来て、暇なので行ってというのを2階繰り返した後で、例の鍋パーティーに勧誘されました。

知人自体は特に怪しい人でもなんでもなく、どちらかというと生真面目な大人しそうな男性なのに向こうから不自然に「〇〇さんと飲むと楽しいです!」とか「ビール談義最高!」と出会いに感謝、次回につなげたいという意欲が空回っている感じが気になっていました。

知人の自宅で催される鍋パーティーに参加してみると、初対面の人たちが先に5人ぐらいいました。
そこに私たち2人が参加した形なのですが、当たり障りの無い会話をしていたのに、中盤になると急に全員が猛烈に今使っているアムウェイの鍋の素晴らしさについて、熱く語り始めたのです。

なぜか全員が鍋の構造や他の商品との差異などを事細かに熟知していて、私たち2人にすぐにでも購入させようと迫ってきます。

そこにきて今までの経緯を察知した私たちは、先輩から連絡が来て呼び出されたという嘘の芝居をしてそそくさと退散しました。

その後も勧誘が続くことを懸念したのですが、それ以降はぱったり連絡すらなくなり、現金なものだなと今は友人と苦笑しています。

 

ネットワークビジネスだけでなく営業の基礎を学ぼう

アムウェイのアンケートを参考にすると、アムウェイの会員だから、というだけでなく、そもそも勧誘した側の営業テクニックが下手だと思われます。

筆者もアムウェイの鍋や洗剤のクオリティの高さは知っているのですが、ピンとこないのが現実です。

さて、アムウェイの勧誘をした側は自社製品のクオリティに熟知しているのは良いのですが、勧誘された側の心情はくみ取れなかったようです。
いくら製品が良いからといって、相手には必要性がなく、心に響かなければ、買ったり入会はしないでしょう。

あと、こちらでもよくあるケースなのですが、会員にならないならぱったり連絡しない、というのは、仕方がないと思います。
他の人に営業したり、グループの打ち合わせや優先したいことがあるので、自然と会う頻度が減ってしまいます。

サビアン(Saivian)でも、20%のキャッシュバックをお得に感じない、ビジネスとして勧誘活動する気がないなら、会員にもならないでしょう。

そのような人には、サビアン(Saivian)のシステムをある程度説明して、無理にすすめるのではなく、別の興味がある人へまた説明した方がよいでしょう。

あとから、前もって説明した人に好奇心がわいて、先日のサビアン(Saivian)の件をまた詳しく教えてほしい、と相手側からアポを要求するケースもあります。

生活スタイルが変わってから気が変わり、サビアン(Saivian)活動をしたくなる人も出てきます。

無理して営業活動するのではなく、生活になじませて続けられるのが、サビアン(Saivian)の魅力でもあります。

サビアン(Saivian)に関するご質問ご入会希望は、LINE@でお気軽にお問い合わせください。

金目 裕(かなめ ゆたか)のLINE@
(ID検索時は@をお忘れなく)
@xmg1957u

サビアンのLINE@xmg1957u

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。