ネットワークビジネスのサビアンとアムウェイの比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サビアン(Saivian)とアムウェイは同じネットワークビジネスの会社でありながら、商品と会員数、システムが大きく違います。
サビアンとアムウェイの違いを知って、サビアンのキャッシュバックと紹介料をもらいましょう。

 

会員アクティブ数はアムウェイよりサビアンの方が多い

アムウェイの会員数は、2014年度までは公式に公開されています。
2014年度のアムウェイの会員数は、76万人ていどで年々少しずつ減っているようです。

サビアン(Saivian)の会員数は2017年4月30日現在、世界で188万人を突破しています。
4月はじめくらいは100万前後だったので、ネットワークビジネスの会員数の増えるペースにしては早いですよね。

アムウェイの設立は1979年ですが、サビアン(Saivian)は2016年とまだ新しいネットワークビジネスです。
それなのに、この会員数の差は圧倒的といえます。

アムウェイのアンケートを集めたので、知識を深めて次のアクションの糧にしましょう。

 

ネットワークビジネスアムウェイの勧誘のアンケートその1

 
今までも何度かマルチビジネス(ネットワークビジネス)への勧誘はありました。
たまたま、自分がそういう場にいたからかもしれないです。

最近またちょっとしたブームのようですね。
この業界にも波みたいなものがあるのでしょうか。
毎度ながら新たな会社が、日本市場に上陸とかいう話も耳にします。

この手の業態というのは永久不滅なんですかね。
社会人になった私のもとにも、また勧誘がきました。
先日の話ですが、久しぶりに出くわした知り合いから話がありました。

ネットワークビジネス最大手アムウェイという会社の話です。
無視するのもその知り合いに悪いので、話だけは一応聞いてみることにしました。

そこの会社の商品がいかに素晴らしいかという話に始まり、ビジネスをすることで自由なお金と時間を手に入れることができるというお決まりの話です。

それに加え、世の中の食べ物がいかに安全性に欠けているのか、栄養価がない食べ物を我々が取っているのか、環境に悪い商品が世の中にまかり通っているのかというあたりを延々に語って行きます。
そのためにも、この栄養補助食品の採取が必要、サプリメントや浄水器が必要と説得してきます。

あるとき、知り合いに誘われ、その集まり?ミーティングというところへも顔を出してみました。
士気が高ぶっているのはわかりますが、そこまで傾倒していない人間が入っていくと場違いなところへやってきたとしか感じません。

もっと冷静な人間もそこにいて、傍らで子となった意見も飛んでいるのならともかく、そんな感じは全く見られません。何かに洗脳されているような感じにも見えました。

一歩譲って、ある程度は、納得できないわけではないです。
でも、あそこまで、傾く必要もないのかと思います。
確かに、一つ一つの商品を取り上げてみたときに悪くはないと思いますし、選択肢の一つとしてあってもいいかと思います。

そこの製品以外のものに対して、そこまで言うのなら批判的なら、外食もできないでしょう?

ともすれば、外出もできないじゃない?と言いたくなるぐらいなのですが、みんなでわいわいとパーティーとか言って外食を楽しんでいるようで、なんかブレてるようなきがしてなりませんでした。

やる人がいてもいいとは思います。
でも、やらない人はバカみたいな扱いをされるのはどうかと思います。

※アンケートはここまで

 

ネットワークビジネスの勧誘方法と紹介された側の収入面に疑問

 

なかなか、手厳しいアンケート結果でしたね。

もしかしたら、紹介された側は紹介した側にとって、低収入に見えたのかもしれません。
アムウェイに入会しないなら、アムウェイのクオリティ高い製品は使えない、収入は増えないまま、などと紹介された側は下に見られたのかもしれません。

筆者もネットワークビジネスの会員から紹介された時、見下されるケースがあります(笑

しかし見下す会員は、ネットワークビジネスの商品は良い、必ずもうかると信じて宣伝しているので、特に悪気はありません。

さて、新しいネットワークビジネスが次々と日本に上陸していますが、いくつか理由があります。
主な理由は

・日本の法律改正で海外のネットワークビジネスが対応可能になる
・日本の経済力が相対的に低下している

などです。
例えば、電気自由化が法律で認められて、海外から電力関連会社が日本に参入するケースもあります。
電力関連のネットワークビジネス「アンビットエナジー」も、2017年に日本に上陸します。

リンク : MLMサビアンとアンビットエナジーの比較

もともとビジネスは国の法律に左右されやすいので、ネットワークビジネスも影響されやすいですね。

さらに日本の経済力は年々、海外と比べて発展する速さが遅くなっています。
そうなると、新たなビジネスが日本からは生まれにくくなります。

ここ数年、アメリカからネットワークビジネスがすぐに日本に上陸するのではなく、中国で広まるケースが増えています。
事実、サビアン(Saivian)も日本より中国の方が広まるスピードが速いです。

中国に住む人の方が中国の通貨「元」が流出しにくいのもあり、お金はじゃぶじゃぶ持っていますからね。

 

サビアンは製品を紹介する必要がない

 
サビアン(Saivian)とアムウェイとの決定的な違いは、商品の種類です。

アムウェイは、美容健康サプリ、日用品などさまざまな商品を開発販売しています。
筆者もアムウェイの洗剤と天然のマルチビタミン&ミネラルの商品は、クオリティ高いと思います。

日々必要な商品を買うのも便利ですが、タイトルを維持するのに余分に商品を購入するケースもありますよね。

費用がかさみ、ダウンにも強要するグループも筆者も聞いたことがあるので、そんな負のイメージがネットワークビジネスについてしまったのでしょう。

アムウェイとよく似た会社ニュースキンのうまくいってるグループにも、接触したことがあります。
そのうち数名は化粧品の在庫をかかえていて、大変そうだなぁと思ったこともあります。

アムウェイとニュースキンは素晴らしい商品をいくつか販売しているので、会社への否定感は特にありませんが。

在庫を無理して買うハイリスクローリターンのネットワークビジネスの会社は、筆者も他の人におすすめしたくありません。

サビアン(Saivian)はクレジットカードの20%キャッシュバックがメインなので、商品を紹介する必要がありません。
紹介料で稼ぎたい場合は友達や知人に、クレジットカードのキャッシュバックが2割になってお得、と伝えれば良いくらいです。

クレジットカードは使うケースが多いので、身近に感じられます。
サビアン(Saivian)のレシートを登録するスマホのアプリも、家計簿のようで便利です。

よって、サビアン(Saivian)は無理せずにマイペースで続けられるネットワークビジネスだといえます。

サビアン(Saivian)に関するご質問ご入会希望は、LINE@でお気軽にお問い合わせください。

金目 裕(かなめ ゆたか)のLINE@
(ID検索時は@をお忘れなく)
@xmg1957u

サビアンのLINE@xmg1957u

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。