サビアンも仮想通貨ビットコインも早い者勝ちな仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ネットワークビジネスのサビアンも、完成度が高いのにまだ知名度が低い仮想通貨ビットコインも、情報収集して早めに参加すると、より恩恵を受けられます。
ネットワークビジネスは早い者勝ちなのはシステム上自然の流れですが、なぜ仮想通貨ビットコインも早い者勝ちなのでしょうか。

 

 

サビアンはネットワークビジネスなので入会は早い者勝ち

 

サビアン(Saivian)のアクティブ会員数は日本だとまだ5千人以内ですが、中国は1日2000人以上会員が増えています。

中国人観光客は日本に来ると爆買いしたり、本国でも積極的に通販しているので、クレジットカードや電子マネーの利用が、日本と比べて盛んです。

中国だと中国元の偽札が大量に拡散されているので、現金に対する信用が低いですね。
中国人の8割以上は、電子マネーで決済するそうです。
仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)にも中国元が流れて、ビットコイン(Bitcoin)の値も常に上昇傾向です。

よって中国人のなかには、クレジットカードの決済が20%キャッシュバックされるなんて、と敏感に反応する人が多いのでしょう。

アメリカでもクレジットスコアを重視する社会なので、クレジットカードは積極的に使われています。
クレジットカードだけでなく、暗号通貨(仮想通貨)のビットコイン(Bitcoin)も対応店が増えています。

日本円は国内外問わず信用が高いので、日本在住だとクレジットカードや電子マネーのありがたみが感じにくいですよね。
仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)も対応店は2017年に入ってからだいぶ増えましたが、外国と比べるとまだまだな印象です。

外国と比べて、サビアン(Saivian)の会員数の増え方はゆるやかで、まだ会員数は少ないです。

ネットワークビジネスは基本的に、早く会員になって紹介料の恩恵を受けるのがセオリーです。

サビアン(Saivian)に入会して、クレジットカードのキャッシュバック20%を受けるだけもお得で良いのですが、友達や知人に口コミですすめるなら、早めに会員になるとさらにお得です。

入会の際、会費をビットコイン(Bitcoin)で支払うのも可能なので、ビットコイン(Bitcoin)についてさらに詳しく知りましょう。
ビットコイン(Bitcoin)について、アンケートを集めました。

 

 

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の感想アンケートその4

 

硬貨の表面には「何年に作られたものなのか」が刻印されているように、通常、通貨は、状況などに応じて、造幣局などによって追加で発行されます。

しかし仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)では「上限となる発行量は2100万ビットコイン(Bitcoin)」というルールが存在します。
そのため、2100万ビットコイン(Bitcoin)以上は発行されないということになっています。

仮想通貨(暗号通貨)ということもあって、なかなかイメージしづらいビットコイン(Bitcoin)は、「金」と似ていると言われています。

金は資源です。
そのため、地球上に埋蔵されている量には限りがあって、「このくらいの価値があるだろう」という信頼をもとに取引がされているからです。
もしも金が道端にある石ほどに無限に存在したら、きっと現在ほどの価値はなかったことでしょう。

…金と似ている、という話を聞いてからは、なんとなく仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)についてのイメージが沸きやすくなりました。

しかし、通貨として「上限」が存在するというのが、未だに少し私にはぴんと来ていません。

また、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)は、マイニング(発掘)以外の方法で新規発行されることはないと聞いています。

そしてマイニング(発掘)をしてくれている人々のおかげで、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の安全性が保たれているとのこと。
しかし現在は高度な計算が必要になっているといわれています。

もし、この現在マイニング(発掘)をしてくれている人たちが「マイニング(発掘)はしない」となった場合、どんな状況になるのだろうか、と考えたりもしています。

とても興味はあるのですが、もう少し勉強してからでなければ、手を出しづらいな、と思っています。

 

 

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)への疑問

 

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)は、上限となる発行量は2100万とのことですが、この上限は未来永劫変わらないのでしょうか。

なんとなく、「通貨」というのは、追加が発行してそれが流通したり貯蓄に回ったり、というイメージがあります。
理論上のことは色んな資料を読んだりしていて何となく理解はしているものの、この「上限」が本当にずっと変わらないのだろうか、というのが何となく不思議なままで、どうにもすっきりしない疑問点として残っています。

※アンケート結果はここまで

 

 

発行上限がある暗号通貨(仮想通貨)は国の通貨より精度が高い

 

アンケートにもありましたが、通貨に発行上限があるのに疑問とのことで、そもそも発行上限がある方が通貨の信用度は上がります。

例えば、最近の日本だと円をほぼ無制限に発行して、円安をすすめていますよね。
色々な国は自国通貨の価値を安くするために、よくたくさん発行して自国通貨の価値を薄めています。

通貨の価値が落ちると、自国から輸出する際に利益が増えるのですが、国内でインフレが起こります。
すると、国内の経済が不安定になりやすく、国力が低下する恐れがあります。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)は国の通貨ではないので、発行上限を設定するか否かはどうでも良いのです。
しかし、システム上仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)は発行上限が設定されていて、変えることはできないので、信用が高まっているのです。

仮想通貨ビットコインは信用度と利便性の高さが広まっているので、常に値上がり傾向です。
まだマニアックな通貨なので、システム上早めに持つと早い者勝ちになります。

筆者は、マウントゴックス事件の1年前に仮想通貨ビットコインの存在を知りましたが、2016年後半の1BTC=6万円台から売買を始めました。
2017年4月現在、1BTC=15万前後なので、その時より仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の値は2.5倍になっています。
すごいですよね。

よって、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)も早めに保持すると、さらに資産アップする可能性が高いのです。

 

 

まだ流行っていないのでサビアンと仮想通貨ビットコインはチャンス

 

サビアン(Saivian)の公式サイトの会員専用ページは、まだ日本語対応していないので、世界で比べると、日本人会員はまだ少ないようです。
今はグーグル翻訳で会員専用ページを日本語に訳してみたり、アップの手厚いフォローもあるので、日本語未対応でも活動はスムーズです。

よって、英語がわからなくても安心してサビアン(Saivian)のキャッシュバックと紹介料の恩恵が受けられます。

当グループもひとりひとりわかりやすいように、オーダーメイド風に説明して会員数を増やしています。

まずはビットコイン(Bitcoin)の知識を深めたい、という人もいらっしゃいます。
安心してご相談ください。

サビアン(Saivian)に関するご質問ご入会希望は、LINE@でお気軽にお問い合わせください。

金目 裕(かなめ ゆたか)のLINE@
(ID検索時は@をお忘れなく)
@xmg1957u

サビアンのLINE@xmg1957u

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。