サビアンは投資型のネットワークビジネスでもある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サビアン(Saivian)の会費の支払いは、ビットコイン(Bitcoin)の対応も始めました。
ビットコインとからめることにより、サビアン(Saivian)は既存のネットワークビジネスというより、自己投資の性格も強まってきました。
紹介料を増やすだけでなく、ビットコイン(Bitcoin)も使って資産を殖やしてみませんか。

ビットコイン(Bitcoin)のアンケートを集めてみましたので、それらもからめて投資のメリットも出てきたサビアン(Saivian)について、詳しく知ってみましょう。

 

サビアンで使えるビットコインのアンケートその3

 

ビットコイン(Bitcoin)への興味と知識

ビットコイン(Bitcoin)とは、オープンソースプロトコルによる仮想通貨(暗号通貨)です。

サトシ・ナカモトと名乗る人物が投稿した論文をもとに運用が開始されました。
まだ10年に満たない、新しいサービスです。

国や銀行などの管理を受けないことから、仲介料などがなく、ユーザー同士での送金などが可能なシステムとなっています。

低いコストでの決済が可能であることから、ネットショッピング等の決済や店頭での支払いなどにも利用されており、利用可能な店舗や企業は徐々に増えつつあります。

現金として引き出したい場合はATMを利用することが出来ますが、日本では一部の都市にしか現在のところATMは設置されていません。
ビットコイン(Bitcoin)を利用するには「ウォレット」と呼ばれる暗号通貨のお財布アプリが必要となります。

全ての情報が開示されていることもあり、ネットワークへの参加者によって運用されていることから「信用できる」ともされています。
しかし、一度信用が崩れるような事態になれば通貨としての価値は一気にゼロにも等しくなるでしょう。
それが現在の段階で、私がビットコイン(Bitcoin)による投資などに踏み切れない理由です。

ビットコイン(Bitcoin)は、半日で10パーセントほどの値動きが起こることから投資性も高いとされています。
そのため私も以前から強い興味を持っているのですが、リスクを考えるとなかなか踏み出せません。

まだ新しいサービスであることから、もう少し様子を見ながら、徐々に運用を始めてみたいと思っています。

 

投資面からのサビアンとビットコインの比較と疑問

ビットコイン(Bitcoin)の存在を知ってから、ずっと「投資性を考えて購入する場合、どのくらいの金額までが適切なのか」ということについて疑問に思っています。

また安全性についても疑問です。リスクのない投資はないとも考えてはいます。
そしてビットコイン(Bitcoin)での投資に興味を持っています。

しかし資金がそれほど潤沢ではないことから、あまり大きな金額を使用することはできないため慎重になっており、適切な金額について知りたいと考えています。

※アンケート結果はここまで

 

サビアンとビットコインをからめると資産アップが加速する

まずビットコイン(Bitcoin)のアンケートの疑問についてですが

「投資性を考えて購入する場合、どのくらいの金額までが適切なのか」

という疑問は、そもそも投資の基本的な疑問でもあります。

自分がどこまで自己資金を準備できるのか、その資金から何割くらいビットコインとサビアンに費やせるか、ビットコイン(Bitcoin)の値幅にどれくらい耐えられるのか、ですね。

ビットコインのFXもありますが、筆者はあまりビットコインを含む暗号通貨のレバレッジをかけたや信用取引は、おすすめできません。

ビットコインの価格はボラリティーが高く、現物取引でもFXに近い感覚で取引ができます。
わざわざFXや信用取引ではなくても、相場に慣れていたら自分に利益を得られます。

それにビットコインなどの暗号通貨は、素早くネット決済できるメリットがあるので、ウォレット内で寝かすだけでも利益を得られます。

サビアンでビットコインを決済に使う場合、ウォレットにビットコインを保存するので、それだけでも利益を得られます。
ビットコインは価格の動きが激しいので、日本円に対して安い時に、ウォレットにビットコインを入れて寝かすのがおすすめです。

 

ビットコインはハイリスクハイリターンの分散型通貨

ビットコインはボラリティが高いので、間違えて高い値のときに買ってしまうとハイリスクですが、安い時に買うと大きな利益を得られます。

ビットコインをお得な値なうちに買って、サビアンの会費として使うのが良いのですが、ビットコインを買う良いタイミングもいくつかあります。

例えば、ビットコインのウォレットと取引所には、ビットコインのチャートが見られるようになっています。

投資で慣れている人はすでにわかるでしょうが、チャートで陽線が出ている時は高値更新状態なので、その時は高値でもいずれ値は安くなります。
高値でビットコインを持つと損をする可能性が大きいので、日足のチャートで前日は陰線だったら、買いのタイミングです。

暗号通貨は株のようにストップ高安が設定されていないので、平気で2.3割下落する時もありますが、暴騰するケースもあります。

ビットコインの日足チャートで、前日の陰線を確認してからビットコインを入手して、数日寝かせてからサビアンの会費を支払うのもよいでしょう。

大きく下落した場合に、会費数ヵ月分はビットコインを入手して、ウォレットに寝かせておいてもよいでしょう。

 

サビアン(Saivian)は分散型投資案件でもある

サビアン(Saivian)は既存のネットワークビジネスとは違い、気軽に始められます。
ビットコインの投資とからめると、他の投資案件と比べてプラスになりやすいネットワークビジネスです。

クレジットカードの20%キャッシュバックを受けられて、ビットコイン(Bitcoin)も決済に使えるサビアン(Saivian)に入会するなら今のうちです。

サビアン(Saivian)に関するご質問ご入会希望は、LINE@でお気軽にお問い合わせください。

金目 裕(かなめ ゆたか)のLINE@
(ID検索時は@をお忘れなく)
@xmg1957u

サビアンのLINE@xmg1957u

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。