MLMサビアンと暗号通貨ビットコインは信用できるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

MLMサビアン(Saivian)はクレジットカードを20%キャッシュバックして、ビットコイン(Bitcoin)にも対応しています。

サビアン(Saivian)はネットワークビジネスなので、ネットワークビジネスと聞いただけで拒否感のイメージがわく人も少なくありません。
ビットコイン(Bitcoin)も知識がないと、怪しく思えてしまいます。

はたして、サビアン(Saivian)とビットコイン(Bitcoin)は信用できるのでしょうか。

 

ビットコイン(Bitcoin)はサビアン(Saivian)の支払い方法の一つ

ビットコイン(Bitcoin)は暗号通貨のひとつで、トップの取引量を誇り、常に値上がりしている通貨です。
サビアン(Saivian)では会費の支払いはビットコイン(Bitcoin)に対応し始めて、ビットコイン(Bitcoin)を持っている人にはさらに便利になりました。

サビアン(Saivian)がビットコイン(Bitcoin)に対応した、ということは、サビアン(Saivian)はビットコイン(Bitcoin)を信用していると同じ意味になります。

ビットコインという社会的に新しい通貨を使える余力がある、ということは、サビアン(Saivian)もそれなりに力のある会社である、意味にもなります。

ビットコイン(Bitcoin)のアンケートを集めましたので、ビットコインの知識を深めて、いかにビットコインは信用が高まっているか知りましょう。

 

暗号通貨ビットコイン(Bitcoin)の感想アンケートその6

ビットコイン(Bitcoin)は仮想通貨(暗号通貨)と呼ばれる通り、現金と同じように実際に手にすることはできません。

紙幣は中央銀行がその価値を保証し発行をしています。
価格の変動は低い傾向(つまりは極端にお金の価値が下がることはあまりない)にありますが、万が一、国の財政状況が困難に陥ったとき一気に紙幣の価値が下がるリスクを抱えています。

それはすなわち現金が、価値のないものにかわってしまう可能性もあるということです。
それだけでなく、偽造紙幣を作れられてしまうリスクも持っています。それに対し、ビットコイン(Bitcoin)は、紙幣のように影響を受けない通貨いえるでしょう。

目に見える形ではありませんが、銀行や国が財政状況が苦しくなったとしても、紙幣のように失われるということがないのです。

しかし仮想通貨(暗号通貨)にも、当然デメリットは存在します。
それは仮想通貨(暗号通貨)を保障し発行する団体がないということです。

仮想通貨(暗号通貨)にもし予測不可能な事態が、起きたとしたら責任は、仮想通貨(暗号通貨)を購入した本人にあるのです。
最近でも仮想通貨(暗号通貨)がハッキングされ多額の仮想通貨(暗号通貨)が盗まれたというニュースは記憶に新しいことでしょう。

そしてもう1つあげられるのが、仮想通貨(暗号通貨)は紙幣よりも価格の変動が大きいというデメリットがあります。

といってもこれはメリットになる可能性も秘めています。
価格の変動が大きいということは、その分紙幣以上の利益を得られやすいということにもつながるのです。

このように、仮想通貨(暗号通貨)にはそれぞれメリットもデメリットもありますが、それらを正しく理解し活用していくことが大切なのです。

 

暗号通貨ビットコイン(Bitcoin)の疑問

最近話題になっているビットコイン(Bitcoin)ですが、ビットコイン(Bitcoin)は仮想通貨(暗号通貨)と呼ばれるもので、その名の通り形がある通貨ではありません。
形がない通貨ということは、すなわち、日本の国が通貨自体の価値を保障していないともいえます。

そして、保障されていないということはもちろん仮想通貨(暗号通貨)に対して明確な法律も、成立はしていません。このようなさまざまなリスクを抱えているにもかかわらず、仮想通貨(暗号通貨)をなぜ利用する人が増えているのでしょうか?

※アンケートはここまで

 

信用するだけで価値が生まれる暗号通貨

このアンケートを書かれた方は、ビットコインに対して少し間違った情報をいくつか入手してしまったようです。
訂正すると、

・ビットコインは形が存在する通貨である
・ビットコインの明確な法律が整いつつある

などです。
例えば、ビットコインの決済方法はスマホのウォレットアプリでするのがほとんどですが、プリペイドカードやデビットカードに電子マネーのように入金して、クレジットカードのように決済も可能です。

デビットカードですと、各国通貨に両替してATMで出金も可能のケースもあります。

ビットコイン関連の法律は日本だと海外と比べて、早めに通貨として認めました。
よってビットコインに関わる日本の取引所やウォレットの会社は、預かったビットコインを守るために、規制がかかっています。

ハッキングや内部からの横領以外で、いきなりビットコインが盗まれたり消えることはありません。

ビットコインの存在そのものは、世界同時刻にすべてのビットコインを消さない限り、消えません。

 

次世代ネットワークビジネスであるサビアン(Saivian)

日本ではまだビットコインに対応している店は増えていませんが、アメリカ、ヨーロッパ、中国、東南アジアでは、メジャーな通貨になっています。

2017年に入って日本の対応店は増えましたが、まだビットコインは新しすぎるイメージがあります。

そんなビットコインに対応したサビアン(Saivian)は、新しいネットワークビジネスであるといえます。

サビアン(Saivian)に関するご質問ご入会希望は、LINE@でお気軽にお問い合わせください。

金目 裕(かなめ ゆたか)のLINE@
(ID検索時は@をお忘れなく)
@xmg1957u

サビアンのLINE@xmg1957u

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。