サビアン対応のビットコインをウォレット保存で支払う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
暗号通貨

スマホやデビットカードで生活する時代のウォレット(暗号通貨の財布)が増加中です。
日本では70万人所有、世界では2500万人が所有しています。
さらにサビアンとビットコインは成長する産業となり、ビットコイン所有者は先行者利益をつかめます。

 

暗号通貨全体の未来像

銀行からビットコインへの直接チェンジは規制できるが、現金との取り替えやマイニングを規制することは事実上不可能なので大抵キャピタルフライトに使われているのでしょう。

それと、中国系マイナーが過半数のマイニングをしてるのも事実で、上位の取引所もそっくり中国系だが、それをして中国政府との関係を連想するのは適当ではありません。

さらに、バックエンドではブロックチェーン使用の実験が行われており、ポイント丸ごと暗号通貨になってしまう事も数年以内に起こるでしょう

そもそも通貨に確固たる裏付けなど必要ありません。

現物の出来高も跳ね上がりつつあります。

中国系の共有が高いからとか、なんとなく怪しいとか言ってる人は情弱です。

ただ流動性があるかどうかが大事なのです。

今年はトークンエコノミーが盛り上がり、BtoBでもビットコインのCDSなどの大型金融アイテムが出てくるでしょう。

そもそも生々しい通貨に、それに対し為替レートの話で高値になってるってだけです。

日本でもイーサリアムなどのオルトコインや、FXで盛り上がり暗号通貨長者も出始めており、これからどんどん盛り上がるでしょう。

暗号通貨のコントロールは不可能です。

 

暗号通貨ウォレットを複数持とう

ビットコインを一点狙いで保持するよりは、分散投資がおすすめです。
さらにいうと、ウォレットの会社が破たんした時に後悔しないよう、取引所も分散したほうが良いでしょう。

ビットコインのチャートは24時間見てられないでしょう。
瞬時のガラだと価格アラートが反応しないし、仕事中だと取引できない人も多いでしょう。
指値設定ができるといいですね。

ビットコインに対応しているサビアンは、クレジットカードのキャッシュバックだけでなく自身に紹介者が多いと安定した収入を得られます。

ビットコインが金市場の20%のシェアを奪うだけで、1000万円になる計算になります。
サビアンとビットコインをからめたビジネスは、とても楽でおいしいのです。

ビットコインとリップル以外は、実は何に利用されているのかあまり知らない人がほとんどでしょう。
ウォーレンバフェット氏の「わからないことに投資しない」と同じスタンスです。

しかし、ほとんどの暗号通貨は価値が上昇中です。
次世代ネットワークのサビアンとビットコインのビジネスを始めて、チャンスを逃さないようにしましょう。

サビアン(Saivian)に関するご質問ご入会希望は、LINE@でお気軽にお問い合わせください。

金目 裕(かなめ ゆたか)のLINE@
(ID検索時は@をお忘れなく)
@xmg1957u

サビアンのLINE@xmg1957u

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。