MLMサビアンで仮想通貨ビットコインを安心して使うには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サビアン(Saivian)では会費の支払いは、暗号通貨(仮想通貨)のビットコイン(Bitcoin)も対応し始めました。
仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)は一番メジャーで取引量の多い暗号通貨(仮想通貨)ですが、セキュリティが気になりますよね。
安心してサビアン(Saivian)の活動を続けるには、どうすれば良いでしょうか。

 

 

サビアン(Saivian)で仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)を安心して使うには

 

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)を安心してサビアン(Saivian)でも使うために、アンケートを実施しています。
質疑応答風に説明しますので、サビアン(Saivian)に入会したい方、またはすでに会員となり活動している方の参考になれば幸いです。

 

 

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)に対する感想と情報アンケートその2

 

 

仮想通貨ビットコインの支払いの仕組み

 

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)を始めるにはインターネットができるパソコンやスマホが必要で、取引開始もスマホやパソコンでやり取りをします。

まず初めに暗号通貨(仮想通貨)の取引所に口座を開設をするのですが、その時もインターネット上で口座を開設します。
本人確認も本人確認書類をカメラで撮影してアップロードしてから暗号通貨(仮想通貨)の取引所に情報を送り、入金をしてから仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)を買うことができるのです。

それだけではありません。
ウォレットというお財布を作る必要があります。

最近ではウォレットと暗号通貨(仮想通貨)の取引所がセットになっている場合もあるのですが、ウォレットがあるとハッキングの被害を未然に防ぐことができます。

ウォレットにもいろいろなものがあってUSBメモリーみたいなものからスマホアプリまでいろいろなウォレットがありますが、スマホアプリであれば決済をするときに便利です。

日本で仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)でお買い物をするとなると、まだまだ使えるところが少ないのが現状です。

しかし、大手量販店が試験的に仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)払いを始める、というニュースが大々的に報道されたので、これから仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)でのお買い物ができるようになるいいきっかけになるのかな、と思います。

 

今夏にはさらに仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)で買い物ができる加盟店が増える予定なので、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)はさらに普及する要因が出てくるのではないかな、と期待をしています。

そこで必要なのは法律ですが、つい最近仮想通貨に関する法律が施行されて、その中にはビットコイン(Bitcoin)も含まれます。
なので、暗号通貨(仮想通貨)の取引所選びも慎重にする必要があります。

本人確認がしっかりしているところや取引がわかりやすいところを選ぶことが、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)始めるコツです。

 

 

仮想通貨ビットコインの支払いの疑問と不安

 

これから日本で仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)が普及していけば、個人間のやり取りや決済手段やお財布として使えるようになるのに、どうしても日本人は現金に頼りすぎて、他の決済方法を警戒するのか?

また、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)は買える暗号通貨の取引所が少ない上、インターネット上でのやり取りがほとんどです。
仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)が普及しにくい要因にもなっているのではないか、という思いもあります。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)で決済として使えるお店も都市部が中心で、投資としての仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の部分しか見えないです。

 

 

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)だけでなくノーリスクのものは存在しない

 

日本人が外国人と比べて現金に頼りすぎる理由は主に

・日本円が他国の通貨とは相対的に価値が強い
・ 電子マネーの対応が外国と比べてまだ貧弱
・ 偽札が外国と比べて少ない

などがあります。

 

存在があやふやなイメージのビットコインより、手元にある日本円のお札や硬貨を使っている方が安心なのかもしれません。
しかし暗号通貨(仮想通貨)の取引所がハッキングに遭い、仮想通貨ビットコインが盗まれる事件がいくつか起きています。
仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)に問題があるのではなく、暗号通貨(仮想通貨)の取引所のセキュリティに問題があります。

日本円でも、お札は火にくべたら燃えてしまうし、 スリに遭いお財布がなくなってしまうリスクがあります。

全くリスクがないものは、この世には存在しないのです。

 

 

サビアン専用などビットコインのウォレットを分散させる

 

仮想通貨ビットコインのウォレットのアプリは、たくさんあります。
それぞれの用途にわけて、ウォレットをいくつか持つのもオススメです。
筆者も、投資用や友達間での決済など、いくつかのウォレットにビットコインやいくつかの暗号通貨(仮想通貨)を分散させて待っています。

そうするとリスクが分散されて、万が一ひとつのウォレットがハッキングにあっても、他のウォレットは無事の可能性が高いので、全ての資産が消える恐れはなくなります。

このような扱い方で、サビアン(Saivian)専用のビットコインのウォレットを作るのも良いでしょう。

ウォレットからサビアン(Saivian)のホームページで決済するのは、数秒で済むので簡単ですよ。

 

 

サビアンの他にも仮想通貨ビットコインの対応店は増加傾向

 

仮想通貨ビットコインは、インターネットの通販サイトで決済されるケースが多いですが、実店舗でも決済可能なケースも増えてきました。

通販サイトだとDMM.com、DiGiket.com、アマゾンや楽天のポイント交換サイトなどが使えます。

実店舗だと、高級中華料理店の聘珍樓(へいちんろう)、ビックカメラ、その他各店舗が独自で対応しています。

2017年は対応実店舗が予想では2万店でしたが、4月初旬のニュースでリクルート系のレジアプリ「Airレジ」とビックカメラが対応が発表されました。
日本での仮想通貨ビットコイン対応は、実質26万店を超えることになります。
予想より大幅に超えることになりましたね。

リクルート系のレジアプリ「Airレジ」は、居酒屋「はなの舞」、メガネスーパー、JINS、ユナイテッドアローズ、雑貨店プラザ、複合施設「ウミカジテラス」などに対応しています。

リクルート系加盟店とビックカメラによって、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の対応26万店に対し、38万店のSuicaや、47万か所のEdyの規模に近づいています。
いつの間にかSuicaやedyと同じ規模になって、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)はすごいですよね。

仮想通貨ビットコインの利用者は欧米にかたよっていますが、日本もシェアが広がっています。

日本より外国の方が仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)に対応しているお店は多いので、海外旅行の際にクレジットカードの決済の代わりに、ビットコインを使うのも便利です。

 

 

サビアンで貯めた仮想通貨ビットコインを他に使う未来

 

サビアンでは会費を支払うのに仮想通貨ビットコインが対応されていますが、いづれキャッシュバックはビットコイン(Bitcoin)でもらえるようになります。

仮想通貨ビットコインはSuicaやedyと同じように使える機会が増えるので、サビアンで貯めたキャッシュバックや紹介料が、大きな資産となります。

それに仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)は年々価値が高まっています。
日本円を銀行口座に貯めるより、ウォレットでビットコインを貯める方が、資産が増えやすいのではないでしょうか。
クレジットカードの20%キャッシュバックを受けられて、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)も決済に使えるサビアン(Saivian)に入会するなら今のうちです。

サビアン(Saivian)に関するご質問ご入会希望は、LINE@でお気軽にお問い合わせください。

金目 裕(かなめ ゆたか)のLINE@
(ID検索時は@をお忘れなく)
@xmg1957u

サビアンのLINE@xmg1957u

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。